2006年02月09日

ピーナッツ

0209utip.jpg


映画ピーナッツを見てきました。
うちの都道府県では上映館がないんで、わざわざ隣の都道府県まで行ってきました。
私は全然土地鑑がない所だったんで、同僚のドライブと映画鑑賞が趣味のYさんに訊いたら、一緒に行くことになりました。
つーかYさん!お昼代とお茶代だけで、往復運転してくれて申し訳ない。ガス代ぐらいは取ってくれよぅー。

で、映画なんですが、すっげー面白かったー!

以下、ネタバレを含む感想なんで、反転で。


まず感じたのが、リアリティ。
キャラクター造形や野球シーンがしっかりしていると感じた。

内村さんは随所にボールを使ったジャグリングやアクロバティックなプレイがあって、見ていて飽きない。
役者とゆーか見せ方を知ってる人だなー、って印象。

個々のキャラクターの設定もメンバーにハマっていて、流石長年内Pメンバーと過してきた内村さんといった感じ。
特にさまぁ〜ず大竹さん演じる文野が良かった!
kinezoに載ってた脚本読んだら、ネプチューン原田さん演じる警官との留置所でのシーンは、後半アドリブなんですね。びっくりした!
くりぃむしちゅー有田さん演じるアゴ男爵はスピンオフの短編とか作れそうなキャラだねー。
さまぁ〜ず三村さんは、体型とかリアリティありすぎ。
一点先制する場面の、走ってる姿に吹きました。

一番笑ったのはTIMゴルゴさん演じる一鉄の「俺、肩壊れてなかったんじゃ…?」のモノローグ。
一番泣いたのはTIMレッドさん演じる赤岩が手術室に入る奥さんからバットを渡されて駆け出すシーン。
一緒に見たYさんも同意見でした。
やるな、TIM。2人とも格好良かった。

ふかわさんはご両親共に出演。お父さんの素人とは思えない、堂々たる姿がスゲェ。

特筆すべきは結末。
脚本の益子昌一さんがkinezoで「試合には負けたけど勝負には勝った」と表現してらしたあのラストはとても良かったと思う。
安易な「昔は良かった」的な結末にならず、「野球が好き」というキャラクター全員のテーマを明確にしていたと思うので。
ベンガルさん演じる監督が試合当日の朝、草野球の三大原則とか言い出す辺りもそうかなー。
あのシーンは川原泉さんの「甲子園の空に笑え」「メイプル戦記」の広岡監督をちょっと思い出した。


もう1回是非見に行きたいが、今度は一人で行かなきゃなー。
ホントに運転苦手なんですよー。
posted by さや at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。