2007年06月11日

飼猫手噛・そのろく

5月19日(土)

本日もバイト。

今日も今日とて右手が腫れる。
かわいいハムスターが入っていると妄想して一日乗り切る。
命名・ぷくりどん。
流石にゴルハムじゃなくてロボ希望。

代わりと言っちゃあ何だが、左手は大分調子がいい。
明日あたりから包帯じゃなくて大きいばんそーこでいいかもしれない。

帰宅してまた右手の膿をつっつく。
すると横でみどりが、「たかが膿と放っておいてしまったのです。その裏で恐ろしい病気が進行しているとも知らず…」と「たけしの本当は怖い家庭の医学」風ナレーションを始めた。
思わず楽しくなってその後えんえんと「…家庭の医学」ごっこを続けてしまう。



5月20日(日)

休日。
ビックリするぐらい一日中寝通し。
何もしないと手は腫れない。(当たり前か?)

とりあえず腹側の膿はなくなった。
後は爪の横の傷の膿だけだー。
そこも肉が出来てきている感じなので、かなり良くなっている気がする。



5月21日(月)

休日。
先週の診察で「一週間して膿んだり腫れたりしたら切開する」といわれていたので行ってみる。

見るなり「切開します。」。
うわー、先生、判断はやっ!

爪の横の傷が深く、膿も深いとこに出来てるのと、その上に肉が出来てるんで、取っちゃった方が早く良くなるだろうとの事。
 
良くなって来てるってのは気のせいだったようだ。
「…家庭の医学」ごっこなんかしてた事をちょっと後悔する。

はい、ここから痛い話です。
posted by さや at 19:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 飼猫に手を噛まれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。