2008年07月15日

病院行き・ビッケ篇・そのに

7/14(月)、やっぱり朝飯食わない。
熱は下がったようなので、申し訳ないが仕事へ。

帰宅し夕飯。
カリカリはやらず、ウェットだけやってみるとガツガツ食い始める。
やったー!と思い、食後良く見てみると、牙が無い!

曲がってたのを自分でなんとかしてしまった模様。
出血もなにもなく、牙があったはずの場所にポッカリと大穴が空いている。

いやー動物ってすんごぃですねぇ〜と改めて思った出来事。



本日7/15(火)。

朝から絶好調にまりまりメシを平らげる。

よだれでウヘァ〜だった毛皮も、キレイになってる。
痛みも引いたのか、顔も触らせてくれるし。

左側の顔。牙がにょっきり。

0715hidariside.jpg



右側。

0715migiside.jpg



口開けると、下の牙だけあるのがわかる。

0715migiside2.jpg



余談。
キャプテン翼(中学生編)で、日向小次郎君が吉良監督に「牙の抜けた虎だ!」と言われてショックなシーンがありますが、猫は牙が抜けても全く大丈夫なようです。よかったね!
posted by さや at 12:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

病院行き・ビッケ篇・そのいち

事の起こりは7/13(日)の昼頃。
早めの昼飯を食い終わってダラダラしてると、リビングにビッケが来た…と思ったら、

泡吹いてる!

前足でしきりに口元をぬぐうような動作をひっきりなしにしてる。
口を閉じない。泡とヨダレで胸元から前足までがベショベショ。

何か悪いもん(毒虫とか薬剤とか。)食ったか?とみどりと2人ややパニックに。
行きつけの獣医さんは休診時間だったが、ダメモトで電話してみると、連れてきてくださいと有難いお言葉。



診察してもらうと、泡はよだれが出たとこに呼吸が荒いからそーなったんだろうって事で、熱が9度あった。
風邪だろーって事で注射打ってもらって、様子見ることに。

待合室のビッケ。
病院に行くのは久しぶりだったんで、帰宅後しばらく避けられてしまいました。カナシイ。

0713mittiribikke.jpg



んで夜。メシをやってみても食わない。
よく見てみると、本来下牙の外側にあるべき上の牙が内側にある。
右の牙が曲がって、それが痛くてメシが食えない様子。
昨日まではそんなことはなかったし、朝飯も普通に食ったんで、午前中に曲げたようだ。

明日の様子見る事にして就寝。
posted by さや at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。