2011年08月06日

国立歴史民俗博物館行ってきた!

みどりと2人で、国立歴史民俗博物館に行ってきました。
みどりの目当ては、特集展示「妖怪変化の時空」と、常光徹氏・大久保純一氏によるギャラリートーク、私の目当ては伝統の朝顔展です。



到着してすぐ、併設されている「くらしの植物苑」に。
朝顔展はこっちでやっているのです。
入場料100円と激安です。

10:30ぐらいだったんで、朝顔はもう萎れてしまっているかとも思いましたが、まだまだけっこう。
ちっちゃい花から、
DVC00010.JPGDVC00003.JPG

はじめてみる枝垂れ朝顔やら、
DVC00008.JPG

葉が変わってるのやら、
DVC00006.JPG

どーみても朝顔には見えないのやら、
DVC00005.JPGDVC00004.JPG

そもそもこれ植物?ってのやら、
DVC00009.JPG

沢山ありました。

博物館刊行のブックレットを購入。
この表紙のイラスト、全部朝顔って信じられないよねぇ。
DVC00001.JPG



で、博物館の方に移動して早めの昼飯食べて、見学開始したんですが、
ここの博物館はやたらと 広 い !

第一展示室から順に見て、妖怪展示がある第三展示室の最後のほうにたどり着いた頃には約一時間半が経過。
もう歩きつかれてクタクタです。
で、14:00からギャラリートーク。
展示を見ながら解説が聞けるイベントです…が、参加者多すぎて展示見えなーい!
始まる前にひとまわりチェックしといてよかったー。

40分のギャラリートークが終わり、現在改修中の第四展示室をとばして、第五・第六展示室の見学を終えた頃には、そろそろ17:00の閉館時間って頃でしたよ〜。
個人的には、第一展示室にあった複製銅鐸を実際にならせる展示とか、第六展示室にあった三八式歩兵銃が持ち上げられるコーナーとかが印象に残ってます。(鎖がついてて10cmぐらいしかあげられなくなってたケドさっ。)

ちなみに博物館の入館料は420円。こっちも破格の安さなんで、オススメですよー!
posted by さや at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。