2007年06月24日

飼猫手噛・そのなな

5月22日(火)、23日(水)

切開した傷口が泣くほど痛い。
痛み止めが効いているうちは大丈夫なのだが、昼食後に飲んだ分の効き目が丁度夕食中に切れるらしく、夕食後は痛い。

とゆーわけで、新たに投入した痛み止め。

jojo.jpg



作家の新井素子さんが、歯痛の時痛み止めを飲んで、効くまで星新一さんの本を読んで耐えると書いてらっしゃったので真似してみた。

…確かに効く。
痛みをきれいさっぱり忘れられるんで、超オススメ。
ただし、時間ややらなきゃなんない事も忘れるという副作用があるけれど。

2日間で全63巻を読破してしまった。




5月25日(金)

切開した右手親指が異常に臭い。

傷口になんかあったのかと思い、包帯をほどいてみても見た目は普通の切開跡。
てゆーか、傷口はほぼ塞がりつつある。

とりあえず消毒しようと、水で洗ってみる。
と、水をあびせただけで、信じられない量の垢が!

「スゲー垢が出た!」とみどりに報告したところ、
「億泰!肩の肉がえぐれて来ているッ!」と、ジョジョごっこ開始。

億泰程ではないが、こすってもこすっても垢が出続けた。
垢のせいで臭かったようなんで、5分ほどで切り上げ、また包帯をまいて就寝。




5月28日(月)

本日も病院へ。

先週切開したのと同じお医者さんの診察。
膿が出た後の表面の皮が浮いてるんで、切除。

通院していた病院は、曜日によって違うお医者さんがいるんだが、月曜の先生が荒っぽく感じるんだが、判断が早くて痛くない。
ホントに医者との相性ってあるよね。

傷口は全く問題ないようで、もう通院しなくてもいいとの事。






posted by さや at 19:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 飼猫に手を噛まれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

飼猫手噛・そのろく

5月19日(土)

本日もバイト。

今日も今日とて右手が腫れる。
かわいいハムスターが入っていると妄想して一日乗り切る。
命名・ぷくりどん。
流石にゴルハムじゃなくてロボ希望。

代わりと言っちゃあ何だが、左手は大分調子がいい。
明日あたりから包帯じゃなくて大きいばんそーこでいいかもしれない。

帰宅してまた右手の膿をつっつく。
すると横でみどりが、「たかが膿と放っておいてしまったのです。その裏で恐ろしい病気が進行しているとも知らず…」と「たけしの本当は怖い家庭の医学」風ナレーションを始めた。
思わず楽しくなってその後えんえんと「…家庭の医学」ごっこを続けてしまう。



5月20日(日)

休日。
ビックリするぐらい一日中寝通し。
何もしないと手は腫れない。(当たり前か?)

とりあえず腹側の膿はなくなった。
後は爪の横の傷の膿だけだー。
そこも肉が出来てきている感じなので、かなり良くなっている気がする。



5月21日(月)

休日。
先週の診察で「一週間して膿んだり腫れたりしたら切開する」といわれていたので行ってみる。

見るなり「切開します。」。
うわー、先生、判断はやっ!

爪の横の傷が深く、膿も深いとこに出来てるのと、その上に肉が出来てるんで、取っちゃった方が早く良くなるだろうとの事。
 
良くなって来てるってのは気のせいだったようだ。
「…家庭の医学」ごっこなんかしてた事をちょっと後悔する。

はい、ここから痛い話です。
posted by さや at 19:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 飼猫に手を噛まれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

飼猫手噛・そのご

5月15日(火)

朝起きるとなんかダルいので、熱計ると8度ジャスト。
2日間風呂入ってない上に、熱って、あまりに自分が臭そうでちょっとへこむ。
しかし明日バイトを休みたいので、今日は何が何でも行かねばならん。
(何故ならこの日はベテランのバイトさんと一緒のシフトなので、体調悪くてもフォローが期待出来るが、翌日はあきれるくらい使えないバイトさんと2人きりの持場で、いまの体調だと絶対に無理なんで。)

出勤して店長に事情説明したら、明日の仕事を代わってもらえる事になった。ありがたい。

もくもくといつも通りに品出しをしていると、ものすごい勢いで右手が腫れてきた。
あまりの腫れっぷりに職場のみんなに見せて回る。
結構な痛みだが、周囲から笑いなり悲鳴なりの反応があると耐えられるのは不思議。
帰宅後、冷凍庫にあった保冷剤で延々冷やす。

夕飯はみどりがカレーを作ってくれる。
昨日今日とパンばっか喰って、飽きていたのでめちゃめちゃ嬉しい!

普段私の仕事な風呂洗いもやってくれて、両手にコンビニ袋をかぶせて2日ぶりに入浴が叶う。




5月16日(水)

この日も熱あり。

熱のせいか、傷口を再生しようとしているせいか、やたらと眠い。
一日中寝ていたようなもんだ。

ゲームも出来ず、10分もすると手が痛くなって本も読めなくなる状態なので、起きていても暇なので助かったのかも。




5月17日(木)

バイト休み。

左手は動かさなければ痛みはないが、右手は相変わらず痛い&腫れている。
先に右手に噛み付いたんでばい菌がそっちに多く付いているのでは、とみどりの説。

今日も一日寝まくり。

明日はバイトに行かねばならんので、みどりに髪を洗ってもらう。




5月18日(金)

バイトにいく。

流石に働くと、昨日までとは比べ物にならない痛さ&腫れ。

夜、汚れた包帯を換えようと解くと、右手親指の傷が膿んでいる。
今までの人生で、一回も傷が膿んだことがなかったのに!
うっわー、めちゃめちゃショックだ!

なかったことにならないかと、みどりに針を火で消毒してもらって、刺してみる事に。

ここから痛い話です。ヘーキなかたのみクリックどーぞー。
posted by さや at 01:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 飼猫に手を噛まれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

飼猫手噛・そのよん

5月14日(月)

噛まれた翌日。仕事は元々休み。

落ち着いて傷を検証してみると、
右手は、甲(人差し指と中指の付け根に数箇所。腫れて痛い)、薬指(ちょうど間接の内側部分に3箇所。動かしてしまって痛い)、親指(第一間接から上に3箇所傷があってここが一番痛い)。
左手は、掌(牙が根元まで刺さった所で勿論痛い)、腕(長袖シャツの上から噛まれたんでかすり傷であんま痛くない)。
なかなかのもん。マロ、やるときはやる男だ。

みどりが早めに帰宅する日なので、そのあとで病院に連れて行ってもらう予定だったが、痛いし暇だし一人で行く事に。

しかし右手の中指と、左手の小指以外しか使えないので、着替えすら困難。
ぶっちゃけブラジャーもつけられなければ、ジーパンもはけない。
以前入院したときに使ったかぶりブラと、普段寝間着にしているジャージを何とか身につけ、Tシャツとパーカーでなんとか体裁を整える。

車で10分程の病院へ。
曲がるときにウッと痛いが、直線がほとんどなんで無事到着。

本日のお医者さんは、ちゃんと傷診てくれて、消毒&抗生物質の軟膏塗って、ガーゼ巻いて包帯。
一週間して膿んだり腫れたりしたら切開するとの事。
きっちり包帯で固定されると痛みは多少マシに。

その後サブ診察室みたいなとこで看護婦さんに破傷風の注射をしてもらう。
破傷風の注射は、一ヵ月後と一年後にまたやらなきゃならないそうだ。へー。

抗生物質の錠剤と軟膏を処方してもらって終わり。
帰り道にドラッグストアに寄って、ガーゼと絆創膏と昼飯のパン買って帰宅。

帰宅後昼飯にしようとするが、またまた問題勃発。

茶が飲みたいのでお湯をわかそうとしたら、薬缶の蓋が開けられない。
しょうがないので注ぎ口から水を入れて、びしょぬれのまんまで火にかける。
無事茶も淹れられて、さてメシ喰うかと思えば、パンの袋が開けられない。
カッターで袋を切り裂こうとしたがうまくいかず、結局口でビニールを食いちぎって、やっとこさパンにありつけるという体たらく。
人間は二足歩行で劇的に進化したとゆーのが、骨身に染みて判った。いやホントに。

そんなこんなでぐったり疲れて、みどりが帰宅する夕方まで寝てしまう。

怪我当日&予防接種した、とゆーことで、2日連続風呂に入れず。
己が激しく臭い気がする。

posted by さや at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼猫に手を噛まれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

飼猫手噛・そのさん

マロに動物病院での治療中に手を噛まれ、人間病院に行くことに。

マロは落ち着くまで動物病院で預かってくれるそうです。

…診察室が開いたと思ったら、両手に血塗れのガーゼを巻いた女がフラフラと出てきて、さぞや待合室の患畜さん&飼主さんはビックリなさったことでしょう。
申し訳ない事です。



んで、みどりの運転で病院に向かいました。

動物病院の受付さんが連絡しておいてくれたとはいえ、折り悪く日曜、しかも夕方。
診察してくれた医師の方は急いでらしたのか、傷見て(診て、ではない)看護士さんに指示出して帰ってしまわれました。

看護士さんが消毒してくれて、薬塗ってくれて、傷にガーゼあててセロテープみたいなのんで留めてくれて、点滴。
点滴は2時間程かかるということだったので、みどりは動物病院でマロ引き取って会計して、猫達に夕飯喰わせてくるってことで一旦帰宅しました。

さて点滴ですが、開いている病室に行って、生理食塩水500mlと生理食塩水100mlにセファメジンという薬が刺さったのの2パックでした。

しかし、点滴ってーのは暇です。
ベッドに横になってはいるものの手がジンジンして眠れやしないし、病院内なんで携帯いじるわけにもいかないし。
しかも、途中で喉が渇いてきました。
病室の真ん前に自販機があるのに、点滴の管があるんで動けないし、そもそも動物病院の支払い用にみどりに渡しちゃったんで財布持ってないし。
しょーがないんでその日の朝見たハピラキビックリマン第28話のストーリーを口に出して復習したり、今までやったゲームの本数を数えたりしながらひたすら待ってました。



そんなこんなで点滴が残り三分の一程になった所で、我慢できずに携帯の電源を入れてみると、既に2時間たっています。
…あと1時間もやるのか!
吾妻ひでおさん「失踪日記」で、点滴を勝手に加速するってぇシーンがあったな〜、とヨコシマな考えが頭をよぎるがじっと我慢。
尿意もいらっしゃったがじっと我慢。
と、ひたすら我慢していたら、看護士さんが来て、「あら、もうちょっとですねー。」と言いながら点滴を加速していきました。
助かった〜!

点滴は結局2時間20分程かかりました。
私の膀胱は良い仕事をしたと思います。



待合室に行くと既にみどりがお迎えに来ていてくれました。
マロはみどりが迎えにいった時点では落ち着いていて、何事もなく帰宅、何事もなく夕飯喰ったとの事で、一安心しながらも、何となく釈然としない感情が…。

コンビニで夕飯買って帰宅すると、ホントにマロは何事もなかったかのようにグースカ寝てます。
しかし、よーく見ると前足や横っ腹に私の返り血が。
(動物病院で拭いてくれたそうですが、おちきってませんでした。)

それからしばらくマロは「赤き血に染まった白き獣」というかっちょいい二つ名で呼ばれる事となります。
posted by さや at 23:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 飼猫に手を噛まれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

飼猫手噛・そのに

今回、痛い話です。
苦手な方はお気をつけください。

ヘーキ!って方はクリックどーぞー。
posted by さや at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼猫に手を噛まれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

飼猫手噛・そのいち

事の起こりは5月13日(日)の夕方。
マロの口内炎が酷くなり、みどりと二人で動物病院へ行った時の事です。

到着した動物病院の駐車場は一杯でした。
しょうがないので私とマロを下ろし、みどりは病院の数件先のコンビニへ。
買い物しながら駐車場を見て、でる車があったら移動させるという事になりました。

病院内に入って程なく、マロの番が来ました。
いつも通りに診察アンド注射に。

助手さんの手が足りないのか、私がマロを押えたままで治療が始まりました。
(普段は注射になる時は代わってくれてました。)

マロは今年に入ってから月1ペースで病院通いでしたし、大人しい猫なので、私も獣医さんも油断していたのだと思います。

背中に一本注射を終え、もう一本を腰に打とうとした時に、
いきなりマロが私の手に噛み付きました。
posted by さや at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼猫に手を噛まれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

飼猫手噛・プロローグ

皆さんお久しぶりです。
かれこれ三週間ぶりの更新です。

いや、サボってたわけではないですにょ?

kega.jpg



5月13日にマロに手を噛まれて、両手包帯生活をしておりました。
(写真は14日の記念撮影です。)

この件について、何回か書いていこうと思います。


posted by さや at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼猫に手を噛まれる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。